Blog

ブログ更新情報


2021

3年 鈴木裕也

野獣しゅんさくから回ってきました。

♯0 3年 A Tの鈴木裕也です。





まず初めに、両親に感謝の言葉を申し上げます。

入部当時、自立して迷惑かけないようにしようって意気込んで部活を始めましたが、振り返ってみるとどうでしょうか。

情けない事に心配ばかりかけてたと思います。

今こうして何一つ不便なく生活できていること、部活動に集中して取り組めているのは、両親のおかげです。

両親2人が陰ながら支えてくれるおかげで、今の自分がいると思っています。

いつも本当にありがとう。

あと1年間よろしく。





【本題】


短いので最後まで読んでくれると嬉しいです。




昨シーズンとはガラッと環境が変わり、私はSeconndチームからTopチームでプレーできることになった。

昨シーズンの自分を振り返ると、なんとなく練習をこなして、なんとなく試合をしていたと思う。

それでは「成長」することはなく、あくまでも「現状維持」することしかできていなかったと、悔しさがつくづく胸に刺さる。


過去の自分から変わろうと始まった新シーズン


初めは、ミスを恐れずガムシャラにやればいいのに、それができなかった。練習のたびにミスって消極的になる。そういう悪循環の連続だった。そんな自分に自信を持つなんて無理だった。去年より下手になっていると思ったこともあった。しかし、同期が同じチームでただ戦力になっているだけではなく、同期にエースがいたり副将がいたりと、「チームの顔」として戦っている姿を目の当たりにした。そこから、自分も「目線を下げない、目線を上げる」と意気込むことができ、敗者のマインドから、勝者のマインドへと変わっていけた。


話は変わるが、私が今一番重要だと考えていることを話そうと思う。


自分自身、”ほんの少しの”成功体験の積み重ねがとても重要だと思っている。

”ほんの少しの”成功体験とは、混戦グラボを抜けたり、1on1で抜けたり、良いアシストができたりということである。

この成功体験は、全て、日々の努力と失敗の積み重ねの上で発現するものだと感じている。

至極当然のことではあるが、日々痛感している。

だからこそ壁当てにいくし、シュー練もする。時には公園でダッジを練習しにもいく。

この自主練習こそ、”ほんの少しの”成功体験の下地となり、いつかその小さな成功体験の繰り返しが、”大きな”、”莫大”な成功体験へとつながると信じている。


人によって考える成功体験は違うかもしれない。人それぞれ色々な考え方があっていいと思う。


しかし、自分は、


”大きな”成功体験=一部昇格

”莫大な”成功体験=学生日本一


こう考えている。


幹部から1年生、スタッフまで、練習はもちろんきついし、もれなく全員自分なりの悩みとか辛さを抱えている。


それでもみんな毎日早起きして棒を振り回している。


こんな辛い想いを共有できる仲間は人生もうできないし、特に同期は個性的な人は多いが一生関わっていきたい人達でもある。


そんな仲間達と入れ替え戦で勝利し、みんなで抱き合っている姿を想像したら、これまでの悩みや辛いこととか全部吹っ飛んでいく。(同期はウィンターを思い出してほしい)


ウインター優勝の瞬間、ビデオ撮ってるスタッフが泣いて、プレイヤーもマネージャーもコーチもグランドでもみくちゃになっている。


これが、一部昇格、日本一だったらと考えると今からワクワクが止まらない。


まだ始まったばっか、ここからもっと気合入れて行こう!!!!

チーム全員で勝とう!!!!!!!



【最後に】


4年生には、プレー面だけでなく、モチベーションや雰囲気作りなど、ありとあらゆるところで今年一年お世話になりました。

特に柳生さんには、昨年から本当にお世話になりました。感謝しかないです。


4年生と一緒に戦えるのもあと2試合しかありません。

最高の先輩たちと共に最高の結果を残したいと強く思っています。


全員でやってやりましょう!!!!!!!!





次はみんな大好きショーンです!任せたよ!🥜


コメント
名前

内容